2010年05月31日

福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が同日、沖縄県を訪問することについて「閣僚として行くのは今、この立場でいかがなものかと思う」と語り、強い不快感を表明した。ただ、「社民党党首の立場で行くのはやむをえない」とも述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 同党は名護市辺野古への移設に反対しているが、首相は「なかなか社民党の考えとは一致しないところがある。これからも懇切丁寧に説明したい。(辺野古移設に)理解をできるだけ深めてほしい」と述べた。

 福島氏は25日午後、沖縄県を訪問し、仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事、稲嶺進名護市長、伊波洋一宜野湾市長と会談し、社民党として辺野古移設に反対する考えを伝えることにしている。

【関連記事】
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁
「なぜ決断できないのか」 渋々「辺野古」を明言
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
虐待が子供に与える「傷」とは?

<交通事故>パトカーから逃げ、高校生ら重傷 無免許でオートバイ運転−−郡山(毎日新聞)
シャワーで洗えるメリノウールシャツとシューズ――コナカ(Business Media 誠)
国道の側溝に男性切断遺体 新潟・村上(産経新聞)
<三遊亭円生>どうなる七代目襲名…一門から3人名乗り(毎日新聞)
「重く受け止める」と相撲協会指導部長 文科省訪れ釈明(産経新聞)
posted by セキグチ マサミツ at 15:26| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

官房機密費「何のためか分からない」と政府答弁書(産経新聞)

 政府は25日の閣議で、内閣官房報償費(官房機密費)がいつどんな目的で設けられたかについて、「初めて計上したのは昭和22年度だが、『何のために作られたものであるか』は確認できなかった」とする答弁書を決定した。

 また、平野博文官房長官が、河村建夫前官房長官や事務方から機密費の過去の使途について説明を受けたかに関しては「具体的な使途については説明を受けたことがない」と指摘。機密費の配布先を記した帳簿の引き継ぎの有無については「お尋ねのような事実はない」と否定した。

 鈴木宗男衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連記事】
官房機密費1621万円を国庫に返納
官房機密費で野中氏が証言 毎月5千万円以上
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢
首相の機密費廃止論、政府答弁書「お答えする立場にない」
首相悩ます“ブーメラン” 過去に何度も致命傷
虐待が子供に与える「傷」とは?

化けものが酒の振る舞い=山形県鶴岡市〔地域〕(時事通信)
【暗流 公益法人仕分け】免許講習利権にメス 勤役員全員天下り(産経新聞)
<未解決事件>埼玉・熊谷の小4男児ひき逃げ 母の執念 ナンバー追跡2万台(毎日新聞)
海保に警戒強化指示 前原国交相(産経新聞)
旧日本軍化学兵器訴訟で中国人の請求棄却(産経新聞)
posted by セキグチ マサミツ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

【新・関西笑談】Salad City KOBE(4)(産経新聞)

 □ロック・フィールド社長 岩田弘三さん 

 ■工場は安藤忠雄さん設計 サラダ作って、食べて、楽しむ。

 −−本社工場が斬新なデザインです。建築家の安藤忠雄さんの設計ですが、安藤さんとの出会いは

 岩田 レストランをやっていたころ、テイクアウトの店をしようと思いました。路面店でしっかりした店舗を持ちたかったんです。それで北野の商業ビルの中につくることになったんですが、そのビルが安藤さんの設計でした。これが出会いです。ところが、ボクが「こういう店舗にしたい」といったら、「そんなもんダメだ」と彼は拒否するわけです。いくらいっても、彼はガンとして受けつけない。

 −−どうなりました

 岩田 もう、ぜんぜん意見が合わないんです。彼には彼の設計思想がある。ボクにはボクのイメージがある。何度も激論を交わしましたが、結局ボクが折れて、彼のいう通りにしました。このことがあってから、いつかうちの建物を彼にやってもらおうと思いました。

 −−それで本社の建物を依頼した

 岩田 その前に静岡の工場の設計を頼みました。このときもちょっとありまして…。彼に話を持ちかけたら、「工場なんかやったことがないからダメだ」というんです。強引に説得してやってもらいました。ここでは「健康」「安心・安全」に加えて、「環境」を打ち出しました。敷地内に風力発電設備やビオトープを配置したり、環境との調和にいろいろ工夫しています。

 −−そして、次が本社工場だった

 岩田 この建物は百貨店の物流センターでした。うちが買って本社兼工場にすることになり、安藤さんに見てもらったんです。なんとかモノになるやろうか…と。そしたら彼はいろいろ調べてくれました。そして曰く「建物はまったくゆがんでいない。もったいない。これ、使おう。岩田さん、こんな建物壊したら、産業廃棄物を山のように出すだけや。いまの時代、それはいかん」

 −−それで改築して使うことになった

 岩田 基礎をすべてやり直しました。もう、見違えるような建物になりました。殺風景な外壁だったので、意匠性をもたせようと、デッキ(足場)調の建材を全面に採用しました。アプローチを通って建物に入ると、建物内は開放的な空間です。来た人はみんな称賛してくれます。やはり“何か”を感じてもらえるからだと思います。

 −−社員食堂にも一工夫が

 岩田 どうしたら社員が生き生きと働けるかといろいろ考え、ここにも投資しました。広々とした空間で、サラダバーがあって毎日メニューが替わります。自分たちの作ったサラダを、お客さんの身になって食べ、楽しもうという狙いです。

 −−敷地内には保育所もありますね

 岩田 これも安藤さんの設計です。少しでも女性が働きやすいようにと併設しました。建物は庭に面した部分が全面ガラス張りで、中は明るく、外から保育所の中が“丸見え”になっています。庭の畑では子供たちもいっしょになって、スイカやキュウリ、イチゴなどを栽培しています。自分たちで作ったものを食べるときは、喜んで食べているそうですよ。大切な食育の場です。(聞き手 佐久間史信)

【関連記事】
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向
大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 
メリーランド・クラブケーキ 磯の香り漂う蟹の身たっぷりのごちそう
モスの新業態レストラン 9日、渋谷にオープン 旬の野菜にこだわる
鶏のから揚げ 定番おかずに脚光

普天間移設 「人間の鎖」1万7000人 沖縄(毎日新聞)
離婚式 「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
09年度の官房機密費、1621万円を返納(読売新聞)
posted by セキグチ マサミツ at 03:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。